慣れて来たら、毎朝青汁で断食

慣れて来たら、毎朝青汁で断食

いきなりの断食より、週末のプチ断食を踏まえてから毎朝プチ断食を行うという方法が身体も慣れていいのでは?と思います。
いわゆる、朝食を青汁に置きかえるという方法で毎朝青汁断食を行うという方法です。
この方法は身体にもそう負担になりませんよね。
青汁というものを使っているので朝食を置きかえると言いましたが、それぞれの生活習慣に応じて昼でも夜でもいいと思います。
便秘が酷いという人は、夕食を青汁に置きかえる方がいいのかもしれません。

 

青汁は1杯で約10kcalですから、水で混ぜて飲むにはカロリーはこれだけで済みます。
牛乳や豆乳、ヨーグルトで行いたいという人は10kcal+混ぜ合わせるもののカロリーということになります。
多く見積もっても100kcalということになるので、一般的な食事のカロリーである500kcal〜1000kcal減らすことができます。
ということは、カロリーだけ見ると夕食を置きかえると痩せ効果が早く出ると思ってしまいますが、夕食時に会食や飲み会が多いという人は向いていません。
また、朝食をもともと食べないという人はカロリー減という意味ではあまり効果がありませんが、バランスの良い栄養を摂取できるということで体調が良くなったり、そのことで痩せることができます。